向き不向きはどう?派遣トラックドライバーの適性とは

admin

admin


一人で黙々と仕事をこなせる人

トラックドライバーに限らずドライバー業務に付いている人の多くは、人間関係トラブルとは無縁のまま働いています。二人乗車をしながら働くこともありますが、基本的にはドライバー一人で業務を担当するため、無用な人間関係を構築する必要がないのです。そのため、一人で黙々と仕事をこなしながら、職場での人間関係に悩まされたくないと考えている方には向いている仕事といえるでしょう。また、派遣ドライバーは正社員ドライバーと比較してあまり拘束時間が長くなりません。最低限働いた時間だけ給与を支払いたい、という企業の考えによるものですが、あまり一人の時間が長すぎると気が滅入ってしまう、という方もこれで安心です。

運転に対して苦手意識がない人

やはり、ドライバーとなるからには運転に対して苦手意識があると難しくなります。運転自体を楽しいと思える人は運転業務そのものが気晴らしになることもありますし、特にストレスを抱えることなく働き続けられるはずです。また、ドライバーとはいえ常に運転しているわけではありません。待機時間もありますし、派遣トラックドライバーにも休息の時間はきちんと用意されています。間に休憩を挟まないと厳しい、という方は、どんな勤務形態なのかを予め確認するとよいでしょう。

効率的に給与を稼ぎたい人

トラックドライバーは時給面で優れていることが多く、それでいて無理な残業などもほとんどありません。サービス残業とも無縁であることが多く、効率的に稼ぎたいと考えている人にはうってつけでしょう。

会社に専属の運転手が必要なら、正社員として雇うのではなく運転手の派遣を利用するのが賢いです。正社員より費用面でかなり浮きます。