引っ越し前の荷物の片付け、テキパキおこなうためには

admin

admin


大きい段ボールと小さい段ボールは使い分けよう

引っ越し業者と契約を結ぶと、たいてい段ボールを無償で支給してくれます。この段ボールはもちろん荷造りに使用することになるわけですが、ほとんどの場合段ボールは大きいものと小さいものとを渡されます。この大きい段ボールと小さい段ボールに何を入れるかを考えながら荷造りをしなければいけません。

たいていの場合、大きい段ボールにはたくさん荷物を入れようと考える物です。例えば書籍であれば大きい段ボールにたくさん入れることができるでしょう。ところが書籍を大きな段ボールに詰めると持ち上げることが出来なかったり、持ち上げた際のあまりの重さでギックリ腰になったりすることがあり危険です。基本的には大きな段ボールには軽いものを、小さな段ボールには重いものを入れるようにし、ある程度荷物を詰めたらその都度持ち上げて重くないか確認しましょう。

極力同じ部屋のものは同じ段ボールに詰めましょう

荷造りや片づけをする際には荷造りのことだけを考えればいいのではありません。荷造りをした荷物は引っ越しした部屋で荷ほどきすることになります。この際、1つの段ボールにいろいろな部屋の荷物を詰め込んでいると、荷解きの際にいちいち確認しながら配置していかなければいけないのでとても大変です。荷物をまとめる際は同じ種類の荷物を一緒の段ボールに入れようとするよりも、同じ部屋の荷物を同じ段ボールに詰めるようにした方が荷解きは圧倒的に楽になります。同じ部屋の荷物を同じ段ボールに詰めていくことによって、荷造りをする際にも動く距離が短くて済みます。

不用品の回収を依頼する際は、業者より市区町村が運営する自治体に依頼するほうが回収にかかる費用を抑えることができます。